霧咲高原鉄道ブログ

埼玉県とねんどろいどが好きな小田原市民の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大雄山最乗寺

2014011120.jpg 2014011121.jpg

実はちょうど一週間前、大雄山線と富士山を撮影した後の話ですが
伊豆箱根鉄道大雄山線の目的地である
大雄山最乗寺へ行ってきました。

2014011104.jpg 2014011105.jpg

大雄山駅前の金太郎像。
兎が正月飾りを背負って?いました。

2014011106.jpg

大雄山駅から最乗寺までは3キロ以上あります。
なぜ門前まで鉄道を敷かなかったのか・・・と思っていましたが
大雄山駅を出て間もなく、長く、結構傾斜のある上り坂。
これでは鉄道は無理でしょうなあ。

2014011107.jpg

結構古そうな商店。
「塩専売所」「煙草専売所」の看板がありました。

2014011108.jpg

これもまた・・・
昔は最乗寺へ御参りする人の宿泊所として
繁盛していたのかな?

2014011109.jpg 2014011110.jpg

駅から1キロ歩いて、というより坂を上って仁王門に到着。
しかしまだ最乗寺の入り口に立っただけ。
本堂まではまだ2キロ以上あります。

2014011111.jpg

ここから歩いてゆくのは「てんぐのみち」。
実は最乗寺近くまで伊豆箱根鉄道の路線バスがあるのですが
決してバス代をケチったわけではありません。

2014011112.jpg 2014011113.jpg 2014011114.jpg

バスに乗っていたら、この見事な森をあっという間に
通り過ぎるだけですから。そういうことにしてください。
ほんと、ここいいなあ・・・春か秋が一番いいのかな?
夏は虫で大変なことになりそうだし。

2014011115.jpg

十八丁目茶屋。
そば食べていこうかな・・・いや自分は最乗寺へ行くのが目的だ。

2014011116.jpg

さらに行った二十丁目茶屋は閉まっていました。
御休みなのか、もう営業時間終了なのか。

2014011117.jpg 2014011118.jpg

三門の手前。路線バスの終点。

2014011119.jpg

寺に向かって右側の売店は伊豆箱根鉄道の売店。
お茶の無料サービスがありました。

2014011122.jpg

最乗寺本堂。

2014011123.jpg 2014011124.jpg 2014011125.jpg

大雄山には天狗が住んでいるという話があるそうで
(だから、あややを連れてきたのですが・・・)
最乗寺の要所要所に天狗の像があります。

2014011126.jpg 2014011127.jpg

さて奥の院へ・・・って、なにこの階段。

2014011128.jpg 2014011129.jpg

でも頑張って奥の院まで行ってきましたよ。
隣に売店があるのには驚きましたが。
売店の人は、ここまで毎日上り下りしているのか!?

2014011130.jpg

・・・あ、葉団扇煎餅買うの忘れた。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/18(土) 17:59:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入間市の「古都」 | ホーム | 成人の日、ねぇ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirirail.blog85.fc2.com/tb.php/1580-fc97f53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。