霧咲高原鉄道ブログ

埼玉県とねんどろいどが好きな小田原市民の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

播但線の車両

2013073108.jpg 2013073109.jpg

播但線電化区間の姫路~寺前を走る
ワインレッドの103系3500番台。
なかなかおしゃれな色だと思います。
ただ2両編成の103系って、105系とどう違うのだろう?

2013073110.jpg

車内は赤ではなく青でした・・・
ロングシートなのがちょっと残念。

2013073111.jpg 2013073112.jpg 2013073113.jpg

寺前で血の如き赤の103系を降りて乗り継ぐは

2013073114.jpg

姫路側が特徴ある顔のキハ41。
キハ47を両運転台に改造したものだそうです。

2013073115.jpg

元からある、反対側の運転台。

2013073116.jpg 2013073117.jpg

車内はそれほど変わってないようです。
トイレもきちんとありました。

2013073118.jpg

沿線のあちこちに播但線全線電化を望む看板が立っていましたが
昼間とはいえ、キハ41の1両編成で平気な部分を
JRが電化してくれるのかな・・・

2013073119.jpg

播但線の山陰側の終点、和田山にてキハ41とキハ40。
キハ40が凄い色あせているのが気になります。

ちなみに、特急「はまかぜ」とは
播但線内ではすれ違うことがありませんでした。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 15:33:14|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ムーンライトながら補足 | ホーム | ムーンライトながらで西へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirirail.blog85.fc2.com/tb.php/1489-6b48e06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。