霧咲高原鉄道ブログ

埼玉県とねんどろいどが好きな小田原市民の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

増えるねんどろいど



湯河原では会社が提供してくれた部屋に
寝泊まりしているのですが
自宅から持ってきたねんどろいどに
心を癒やしと潤いを与えてもらっています。

ただ、ここに寝泊まりできるのはあと二週間。
帰宅して湯河原に戻る度に増えているんだけど
どうやって引き揚げようか・・・
湯河原で受け取ったのもあるしなあ。
私服セイバーは持ち帰ったけれど。

スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 06:28:08|
  2. ねんどろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正直、働いたら負けかなと思っている



昨日は秋葉原でねんどろいどを買った後
海浜幕張へ行ってワンダーフェスティバルの後の
飲み会にだけ参加して

ちょっとやっちまいました。

楽しい場なのだから止めようと思ったが
結局、井口たかじん氏に自分語りしてしまいました。

あああああああ。


誰が見てるかわからないので詳細は書きませんが
まあ、今、勤務先で自分の置かれている状況は
まあ、どこかで聞いたような状況なわけで。
「他のところでもあることだから」
と考えるしかないのだろうけれど
では他のところではどう対処したのか
正直教えてもらいたいわけで。

いっそ辞めてしまった方が楽かなー。
でも、こうなる可能性は
予想してなかったわけじゃないし
その上で自分は判断したのだからと
もう意地でこのままいくしかないだろうなー。
はっきり言って、馬鹿な話だけど。

とりあえず湯河原行かなきゃならないので
飲み会での楽しい写真は週末までおあずけ。
やべぇ寝坊した。
  1. 2012/07/30(月) 08:10:43|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原で



かったよー

  1. 2012/07/29(日) 10:54:08|
  2. ねんどろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原へねんどろいどを買いに



今日はワンダーフェスティバル。
で、これに合わせて発売されるねんどろいどを求め
前回同様秋葉原のグッ鉄カフェへ。
しかし今日は始発電車に乗り遅れ着いた時には・・・
え?

人少なっ!
私が着いた時には20~30人って感じですよ!
前回は買えるか買えないかドキドキだったのに!

これ、罠じゃないよね?
実は深夜に整理券配ってましたとか
別のところに列がありますとか
私の前に並んでいる人
実は一人あたり五人入りますとか
開店前に並んだ人は買えませんとか
まさか、やめてよね?

  1. 2012/07/29(日) 06:35:05|
  2. ねんどろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西村京太郎記念館

2012072801.jpg 2012072802.jpg

今日は自宅へ帰る前
湯河原に来てから一度は行ってみたかった
西村京太郎記念館へ行ってきました。

2012072804.jpg

入ってすぐのところに殺人現場が!

2012072805.jpg

被害者は階段の上で刺されて
入口付近で息絶えたようです。

2012072803.jpg

「私の推理によると犯人は、20~30代もしくは40~50代
そして男性、もしくは女性、中年、あるいは高齢者よ!
でも若年の可能性も否定しない方が賢明かしら?」

・・・・・

2012072806.jpg 2012072807.jpg

一階は喫茶室、二階が展示室になっています。
西村京太郎氏のこれまでの作品とコレクション
そして真ん中にNゲージのジオラマが展示されています。

2012072808.jpg

こんな作品もあったんですか。

2012072809.jpg 2012072810.jpg 2012072811.jpg

Nゲージのジオラマの中では
殺人事件の現場が・・・

2012072812.jpg

一階の喫茶室でコーヒーと
豆乳とごまのモンブランをいただきながら
記念館で買った単行本(サイン入り)を読んで帰りました。
コーヒーは西村京太郎氏が愛飲するという「京太郎コーヒー」と
普通のコーヒーがあるのですが
私はお金をケチって普通のコーヒーにして
後からちょっと後悔・・・

  1. 2012/07/28(土) 22:37:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱海へ行ってきました

2012072201.jpg

今週一週間はちょっと・・・
梅雨が明けて天気が良かったのですがねぇ・・・

2012072204.jpg 2012072205.jpg
2012072202.jpg 2012072203.jpg

ただ、一度だけ仕事で熱海へ行ってきました。

2012072206.jpg

JR東海エリアならば
まだ211系が東海道線を走っているのですね。

2012072207.jpg 2012072208.jpg
2012072209.jpg 2012072210.jpg

JR伊東線来宮駅。
走っているのが伊豆急行の電車ばかりなのと
東海道線という幹線に沿って駅があるという点から
JRではなく地方私鉄の駅という印象を受けてしまいました。

2012072211.jpg

ちなみに熱海の街は旅行客が多かったです。
ホント、仕事じゃなかったら良かったのになあ。
海を見に行く時間もなかったし。

  1. 2012/07/22(日) 09:14:39|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突然、というわけでもないけれど



今の仕事を続けるべく
埼玉県を離れることになりました。

・・・が、正直、この選択は良かったのか?
もう後には引けないけれど
「愚か者めが」と誰かに言われそうな気が。
そう言うのは未来の自分ではなく
ねんどろ夜空だけであってほしいです。

  1. 2012/07/17(火) 23:11:12|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・伊豆箱根鉄道大雄山線

2012063041.jpg

五百羅漢駅付近で小田急線が上をクロスしてゆきます。


2012063044.jpg 2012063045.jpg

その後、西武グループの伊豆箱根鉄道
大雄山線と若干の距離はあるものの
並走して半ばライバルになる小田急線。
(画像は大雄山線からずっと離れた
足柄大橋から撮影したものです)

2012063042.jpg 2012063043.jpg

五百羅漢駅の他、相模沼田駅と和田河原駅で
上下列車の交換が可能ですが
三駅とも全列車交換があるそうです。

2012063046.jpg 2012063047.jpg 2012063048.jpg

和田河原駅。
「駅舎でけぇ!」と思ったらマンションでした。
マンションの一階部分の隅っこに改札口。

2012063049.jpg 2012063050.jpg 2012063051.jpg

終点、大雄山の一つ手前の駅、富士フィルム前駅。
その名のとおり富士フィルムの工場が近い・・・ですが
和田河原駅の近くにも富士の研究所があったり。

2012063052.jpg

今も平日ならば、通勤客で賑わっているのでしょうか。

2012063053.jpg

富士フィルム前を出発すれば間もなく終点の大雄山駅。

2012063025.jpg 2012063054.jpg

大雄山駅の手前に停車している
5000系以外で大雄山線を走る唯一の電車
コデ165。

2012063055.jpg 2012063056.jpg 2012063058.jpg

伊豆箱根鉄道大雄山線の終点、大雄山駅。

 2012063059.jpg

小田原方向から大雄山駅を見てみる。

2012063057.jpg

実際の「大雄山」最乗寺へは
ここからバスに乗り換えて10分程行くそうです。

2012063060.jpg
2012063061.jpg

大雄山駅前、足柄山の象徴「金太郎」像。

2012063062.jpg

最後に、伊豆箱根鉄道大雄山線の踏切の看板。
どう見ても駿豆線を走ってる7000系・・・

  1. 2012/07/16(月) 11:44:03|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆箱根鉄道大雄山線

2012063026.jpg

伊豆箱根鉄道大雄山線。
先月末と一昨日、自宅への帰宅の際に
ちょっと乗ってみました。

2012063021.jpg 2012063022.jpg

大雄山線小田原駅。
自動改札や売店の形に西武グループの臭いがします。

2012063023.jpg 2012063024.jpg

大雄山線の電車は一両を除き
すべて5000系ですが
バリエーションがあるようです。

2012063028.jpg

私が乗った車両はどれもロングシートでしたが
クロスシートの編成もあります。

2012063027.jpg

列車は大雄山と小田原の往復しかないので
行き先は表示はどちらか片方を
点灯させる仕組みになっています。

2012063029.jpg

小田原駅に進入する5000系第一編成。
小田原行きの電車が来ると
入れ替わりで大雄山行きが発車します。

2012063031.jpg 2012063030.jpg 2012063032.jpg
2012063033.jpg 2012063034.jpg 2012063035.jpg


小田原を出て最初の駅、緑町駅。
見てのとおり、無人駅です。
ホームが非常に狭いです。

2012063036.jpg

Suica、PASMO用の改札機は乗車と降車が別です。
左側にあるのは乗車証明書発行器。
西武バスにある整理券発行器とそっくりというか同じ?

2012063037.jpg

緑町を出るとすぐに急カーブ。
このカーブで東海道線をくぐります。
2012063038.jpg 2012063039.jpg

このカーブがある為に大雄山線は5000系しか走れないようです。
ちなみに、私が見ていたら小田原行の電車が通過する直前
線路沿いに設置されているスプリンクラーが線路に水を撒いていました。

2012063040.jpg

カーブを東海道線をくぐり抜けた地点から見てみる。

  1. 2012/07/16(月) 10:45:04|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯河原の天気は・・・

2012071406.jpg
2012071407.jpg
2012071408.jpg
2012071409.jpg

湯河原の天気は
埼玉に比べると変わりやすい気がします。
山と海、双方が近いからでしょうか?

それと・・・九州のような大雨が降ったら・・・
被害に遭われた方にお見舞い申し上げると共に
あのような天災は
これ以上起きないことを願います。

  1. 2012/07/14(土) 17:34:02|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。